プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

嬉しかったプロポーズの体験談

スポンサーリンク

結婚専門の雑誌や女性誌などに、嬉しかったプロポーズの言葉特集、というのがありますが、その言葉もそれぞれの状況や、個人の考え方にも依存しますから、どれがベストなプロポーズな言葉か、というのはその都度、相手の身になって考える必要があります。


紋切り型の常識的な言葉は無難ですが、それなりに自分也の個性を出すとか、相手のことを思いやった言葉を付け加えたりしておけば、より相手の心にひびくプロポーズの言葉になる筈です。
そして私のことをよく見ているな、また、この人なら私のことを分かってくれる、というように信頼感を持ってもらう事が一番です。

スポンサーリンク

一時的な恋人関係と違って、これから長い人生を伴にして、そして家族をつくっていく可能性がある人ですので、だれでも失敗はしたくないし、それこそ、健やかなる時も、病めるときも支え合って過ごしていかないといけません。
もし良いところだけ取るというのであれば、結婚は向いていないかもしれません。


そうした結構シビアなところがある結婚生活だからこそ、結婚を決意させること、そしてその言葉というのは大切なのです。
事ある毎に、プロポーズの言葉を思い浮かべて頑張ることもあるし、結婚の記念日ごとに思い出して、決意を新たにすることもあるでしょう。
長い生活の中で、始めのモチベーションを保つのは大変ですが、だからこそ、最初のキッカケというもの、最初の言葉というのはそれなりに意味深いものではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加