プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

さりげなくプロポーズする方法

スポンサーリンク

女性のすべてがドラマチックなプロポーズの言葉をまっているとは思えません。
最近の地味な結婚式がそれなりに世間に広まっているのもあって、結婚自体をあまり大げさに考えないで、より自然に日常の延長として考える人も増えています。
事実婚という形態を選んだり、まだ事実上夫婦の間柄であっても、夫婦別姓の為に籍をいれていないとか選択肢も多いのです。


実際に、いままで同棲していた、もしくはすでに子供がいるようなケースでは、結婚というのは、本当に紙切れ一枚でしかなく、結婚するという場合も、子供が入園するから、とか、小学生になるからとか、自分達の都合というより、回りの都合でそうなったほうが何かと都合がいいからという理由で籍をいれられることもあります。

スポンサーリンク

そうなると、結婚の言葉もプロポーズも簡素になりがちで、子供も大きくなったことだし、とか、子供もできたことだし、または同棲生活ももう長いしということで結婚に踏み切る場合も多いでしょう。
下手をするととくに結婚の言葉、意思表示もなく、じゃあ明日役所に書類届けて来るね、というだけで、なんの変哲もないやりとりでおわってしまうことも。


さすがにそれでは女性がかわいそうですから、それなりの優しい言葉、ケジメをつけるためにしっかりとプロポーズしてあげて下さい。
なにもプレゼントがなくても、その言葉だけでも女性は嬉しいものなのです。
ドラマのような方法ではなくても、さりげなく女性によい印象を与えるプロポーズ方法はいくらでもあるものなのですから。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加