プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

プロポーズの落とし穴

スポンサーリンク

プロポーズをすれば女性は必ず喜ぶ、とも言い切れません。
最近は婚活の影響もあって、結婚したいという男女は確かに増えているし、災害のとき、または病気になったときに自分一人ではやっぱり心細いな、と考えている人は多いでしょう。
そしてなんとか結婚はしないと、と焦っている人も、もしかしたらいるのかもしれません。


でも焦って結婚してもそういい結果にはならないでしょうし、そもそも結婚するのにもそれなりに努力したり、相手にあわせたりすることが必要になってきます。
男性も女性も、一人の生活が長いと、結婚はしたいが、いまの生活も捨て難いと迷いが生じることがあって、意外に決断は難しいです。

スポンサーリンク

むしろ若い世代で、結婚することを当然と思っているくらいの世代のほうが、話は早く進みますし、また子供などが出来ることも早いです。
年齢を重ねれば重ねるほど相手に対しての要求が高くなるというのは事実ですから、自分が本当に結婚したいのかどうかをよく考えてみることです。
そして考えて、ただ自分がそうした婚活ブーム、もしくは老後の生活に不安を感じているだけだったらやめておいたほうがいいでしょう。


お嫁さんに自分の老後の面倒を見てもらう筈が、相手に先立たれたり、またその前に離婚されるということもなきにしもあらずですから、婚活しているだれもがプロポーズを待ち望んでいる、また独身だからといって結婚を焦っているという訳ではないことを知りましょう。
人の考えは色々あるものなので、思い込みで判断すると相手に失礼です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加