MENU

一般的なプロポーズから結婚までの流れ

スポンサーリンク

人生の中でも大きなイベントである結婚ですが、実際のプロポーズから結婚までの流れを一般的な例を元に説明していきます。
なお、結婚に対する考え方は女性と男性では大きく異なるので、女性の希望が大きくなったり、衣装選びや会場選びなどで男性側に飽きが来ることもありますが、じっと我慢して女性のことを聞いてあげる余裕が欲しいところです。


プロポーズ後の最初のステップは女性側のご家族へ男性が挨拶に行くことから始まります。
通常であればプロポーズを受けるある程度前にはお相手の女性から女性側のご両親には結婚に関する何らかの話がされているので、挨拶に行って断られることは少ないでしょう。
この挨拶が済んだ後は両家顔合わせということで、双方の両親と本人たちが同席しての顔見世を行います。
これが結納に該当することになります。

スポンサーリンク

次に女性の衣装選びと結婚式の会場選び、新婚旅行の行き先選びが始まります。
特に衣装選びは男性にとっては時には時間を持て余すことがありますが、ここは女性の希望を広く聞く心が必要です。
また出席者の選定や引き出物など、選んで決めることが最も多い期間で、この時期の男性の対応次第では、喧嘩になることもありますので、男性は広く心を持って下さい。


こうして全てが決定したら実際の結婚式の進行のため、結婚式場との打ち合わせが必要になります。
そして結婚式費用の手付金の入金や新婚旅行代の支払いなど、結婚式前に発生する費用もあるので、あらかじめ準備していることも必要です。
後は結婚式当日を迎えるのみになりますが、結婚式当日は何かと疲労がたまりやすいので、前夜はお酒を飲み過ぎたりせず、早めに寝るように心掛けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加