MENU

プロポーズから結婚までの期間

スポンサーリンク

彼女と交際を初めて数年が経過したところで、お互いの気持がかたまりプロポーズの運びになります。
プロポーズは、男性から申し込むという形式が決まっていますので、シンプルな表現の中に気持ちを込めた真摯な態度で行うことが大事です。
いきなり向き合ってプロポーズの言葉を出すより、何気ないひと時の機会を捕まえることが大事です。


プロポーズをしたら、次にすることは彼女の両親や兄弟に会うことです。
二十歳になってからの結婚は両親の許可を受ける必要がないとはいえ、両親に会って正式に申し込むのは必要なことです。
それからは、お互いの親同士の初対面をします。
これは自分の親から彼女の親に連絡をとることにより日付を決め、両親とともに彼女の家を訪問します。

スポンサーリンク

お互いの両親と自分たちの6人で、食事をしながら今後のスケジュールを詰めていきます。
婚約の日付を決めたり、結婚式の日付もおおよその見当をつけておきます。
結婚式場の手配は、二人ですぐに行わなければなりません。
早く予約をしないと希望するときに挙式をすることができなくなります。
プロポーズから結婚までの期間は、式場の予約次第です。


結婚式場が決まったら、結婚式招待状を作成することが必要です。
また、親戚の中で、親族代表挨拶をお願いする人を決めると同時に、職場上司や友人でスピーチをお願いする人選も必要なことです。
両親を伴い結婚式場に行き、料理の選定や引き出物の手配をすることを忘れてはいけません。
万端の準備をして結婚式を待つことは大切な心構えです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加