プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

贈り物で伝わるプロポーズ

スポンサーリンク

もしプロポーズを考えていても、自分の気持ちが上手に伝わるかどうか分からない、そしてそのことに対して不安があるときには、カードなどに思いを託すとか、もしくはプレゼントでその気持ちを表すことも出来ます。
婚約指輪を渡されてそれにピンとこない女性はまずいないでしょうから、まずは形から入る、という方法もあります。


女性との会話になれていない、いまいち自分の気持ちを伝える事がシャイで苦手、でも意外にそういった男性のほうが女性受けはいいものです。
自分に自信をもって、贈りものをするなどして早めに意思表示をしてあげることです。
女性のほうでもプロポーズを意識しだすようになったら、そういった贈りものやカード、もしくは特別なディナーに誘われるようなことがあれば、もしかしたらそろそろかもしれない、とそれなりに期待しています。

スポンサーリンク

その期待を裏切らないようにしてあげることが最も大事です。
女心には疎くてさっぱり、という人であっても、贈りものくらい選ぶことは出来るでしょうし、決定的な言葉は照れていうことができなくてもその贈りものがなによりも気持ちを代弁してくれるというのはあるものです。


そろそろその時が来たな、タイミング的にも今がチャンス、という時があったら積極的に贈りもの、つまり婚約指輪などを用意して、結婚の足取りを固めておきたいものですね。
会話が下手でもしっかり彼女のことを考えていれば、その気持ちはしっかりと伝わるものですから。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加