プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

プロポーズまでのカウントダウン

スポンサーリンク

最近は、仕事メインで結婚はしたくないという女性は減る傾向にあるようですね。
20代の女性は、専業主婦になりたいという方が多いそうです。
社会でバリバリ働くよりも、やはり女性は家庭を守る、という昔ながらの価値観が復活してきたように思えます。


そして、どんなに仕事を頑張っているような人でも、やはり心のどこかで、そして仕事がなんとなく行き詰まってしまったときに、結婚が頭をよぎる、という場合もあるでしょう。
女性は逃げ場があっていいな、と男性はいますが、女性の場合、男女同権になってきているとはいっても、その状況は、建前だけで、やはり企業のトップや重要な役職を得られている女性は日本ではまだまだ少ない状況なのです。

スポンサーリンク

そうしたことを考えるにしても、また社会全体の考え方としても、まだまだ専業主婦になっているほうが女性の立場としては良い、という現状もあります。
これといったキャリアも築く事なく過ごしている女性としては、結婚は死活問題です。
実際には、男性がプロポーズのことで悩んでいる以上に、女性はいつプロポーズされるか、そして女性誌などでは、どのように相手に決断させるか、プロポーズをさせたらいいのか、という話題で一杯です。


お互いにどうしたらいいのか分からないのかもしれません。
実際にはお互いに早く結婚したいのに、その前の段階でつまずいて時間をムダにしていることもありますから、まずは素直になって、技巧を使わず、早めにプロポーズしてしまったほうがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加