プロポーズをしたい、サプライズ演出をしたいなら

MENU

どんなに不器用でも言えるプロポーズの言葉

スポンサーリンク

いざプロポーズすることになって、それなりに気持ちは固まったけれども、実際にはどんな風に話を切り出したらいいのだろう、また急にこんな話になって彼女がとまどったりしたらどうしよう、とプロポーズ前の男性は何かと神経質になりがちです。


でも女性もそれなりに付き合いが長かったり、結婚適齢期である、またいま話題になっている婚活というもので相手と知り合った場合、それなりに相手のことを結婚相手と考えていることは間違いないし、ときにはその日を指折り数えている事も、無きにしも非ずです。
本当に突然のことでビックリすることもありますが、ときにはそのビックリ、というのも演技の場合があって、なかなか女性もやるものです。
ですからある程度、プロポーズというのは、お互いの予定調和と言えなくもないです。

スポンサーリンク

その予定調和をいかに演出するのかがポイントです。
そして生涯のうちでなんども結婚を口にする人はさておき、普通の人であったら、そうプロポーズの言葉は生涯のうち言う回数は限られているはずです。
そう考えたら上手に言えるほうが、慣れているほうが、問題があります。


不器用であっても、気のきいた女性の喜ぶような言葉がでてこなくても、基本的な意志の疏通と、気持ちの確認が出来ればいいのですから、緊張しすぎることなく、ありのままの気持ちを相手に伝えたらいいと思います。
そうした誠実さに勝てる言葉なんて、きっとないはず。
あなたらしい言葉でプロポーズしてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに不器用でも言えるプロポーズの言葉関連ページ

プロポーズでの名台詞
彼にされたいプロポーズの言葉ランキング